cross road

過ぎ去った季節に置き忘れた時間をもう一度つかまえたい

誰もが胸の奥に秘めた迷いの中で 手にしたぬくもりをそれぞれに抱きしめて新たなる道を行く

彼との近況

前回、ブログを書いた時の記憶がありません。。


友達と飲んだ後、

ベロンベロンに酔っ払った状態で

なぜかブログを書いたようで。


その割にはそこそこまともに

アップできてるけど。笑



翌日、読み返してみると

話の内容が、時系列とかちょっとずれてたり

出来事をはしょりすぎて

よくわからない記述もいくつかあったけど…。




でも最後の一文。


好きかもしれない、と


意識のない自分が書いた言葉を

何度も読み返した。




自分の意識の中では

今も、好きかどうかよくわからない状態が続いてる。



友人としての距離を踏み越えてしまってから

二度目の夏が来て、過ぎてった。


もう1年以上経つ中で、

こんな具合が続くのは

今まで一度もなかった、初めての状態。




記憶のない中で書いた文章だけど

これは自分の本音ってことなのかな?


問いかけてみるけど自分がよくわからない。







実はこの日、彼にも会う予定だった。


彼から飲みに誘われて、でも

2人で会う気になれなくて

共通の友人も誘って巻き込んで約束した。


けど色々あって彼の方が来れないことになって

結局友人と2人で飲んだ日。




その前日、思い切って彼に

例の不満爆発ライン(超長文)も送ってて、


彼は同じくらいの超長文の

謝罪ラインをくれて、

私はそれを返事できず

スルーしてしまってた状態。





その友人と飲んだ日の夜、

記憶ない時間帯に

私は彼にラインも送ってしまっていた。


タイムスタンプみると

ブログ書く直前。(1時半とか…)



内容は、


「いろいろごめんね。

やっぱりちゃんと会いたい。」


と、


「すきだよ。」


と、


変なテンションアゲアゲのスタンプ。笑




スタンプに関しては完全に謎ですが。


たぶんだけど、

当時の自分の気持ちを推測するに…



いろいろごめんね

→2人を避けたり、不満をぶちまけたこと


やっぱりちゃんと会いたい

→避けず会えばよかった、の後悔?


すきだよ

→んー。。



酔ってた私は、こう思ってたんでしょうね。


意識のある私は

あんまりこうは思えてないんですけどね…





素直じゃない自分は


もしかしたら気持ちに蓋をして

その上に腰掛けて押さえて

見ないようにしてる状態なのかもしれない。



酔っ払うと、自分が転げ落ちて

蓋がぱっとあいて

気持ちがばーっと溢れ出てしまう、のかも?



自分の気持ちはわからない。

でも、わかるのも怖い。


また好きになって、あの葛藤やつらさを

味わうのが怖くて蓋をしてるのかも。





不満爆発ラインは、


歩き回ってつらかったこと、

お会計とかの言いにくいことまで

ブログに書いたことは全部全部伝えた。


そして、


それらがどうしても言えなかったこと、

それは、自分は彼に

文句を言う権利も立場もないと思っているから、

ただ楽しい時間を提供しなきゃって思いがある、

ということを伝えた。





彼は、


自分もあの日のこと気になってて

自分から聞かなきゃと思ってたけど

良くなかったであろう自分に目を背けて

なかなか言い出せなかった、

言わせてごめん


っていうことと、


いろんな謝罪のあと、



「これからは文句でもなんでも言って欲しい。


とわちゃんはその権利も立場もあると思ってる。


その程度で終わるものじゃないと思ってる。


言いたいこと言って終わるならそれまでだったってことだし。


でもきっとそんなことにはならないと思ってるから。」



って、伝えてくれた。



私が思ってた以上に

彼はちゃんと考えてくれてるんだとわかって…

嬉しかった。



もし裏切られたときに

自分が傷つかないように、

私は必要以上に

彼を悪い人間に見立てていたのかもしれない。


ごめんねって思った。







そんなやりとりを経ての、

飲み会後の

泥酔ラインのあと。


翌朝、彼から返事がきた。



「昨日は行けなくてごめんね

またタイミング合わせて会いましょう」


「俺も好きだよ!」





むむむ…


これまで、お互いほとんど言わなかった

「好き」の応酬…



見慣れないその文字を

何度も何度も見返した。



好きって言われるって

こんなに嬉しいものなのか、って。





でも、酔いの覚めた私は

同じテンションでは返せず…


「昨日は酔っ払いでした。

ごめんね、スルーしてください…」


と、あとは全然別の話題をつけて返信。




で、未だに微妙な気持ちを

うまく消化できないまま引きずってます。




「こう!」

っていう自分の気持ちが全然定まらないので

なかなかブログも書けずにいるんですが、、



ながーーくなっちゃったけど近況はこんな感じです。




もしここまでこの長文を読んでくれた方いらっしゃれば、

お付き合いありがとうございました( ´ ▽ ` )

あれから

彼とはあれから会うことを避けてた。

私が彼の職場のビルにいく機会があっても連絡せずに。前はかならず「ランチいける?」って聞いてたけど。


でも、今日半ば強引に?彼からランチにいこうって。


実は昨日、例の不満の件をラインでぶつけてみた。



すると、じつは彼もあの日のことを気にしてて、それから家族旅行へ行ったときも2日連続わたしの夢をみてしまったって。



そんな嬉しいラインをもらっても

彼の家族のことを思うと自分自身どうしていいかわからなくて、冷たいような当たり方もした。


「こんなこと言ったら終わるだろうなー」


って思いながら、言っちゃって。

でも、彼は真摯に答えてくれた。



それが善なのか、いいことなのかは今もわからないけど。

正直になると、わたしはやっぱり彼のことが好きなのかもしれない。

ぱたん、と

心がスイッチオフです。


きっかけは、直近で会った日だと思う。


なんでもないことなのに

小さーいことが重なって

「これ」って原因はわからないけど

なんかオフってしまった。



その日、がんばってヒール履いてった。


足腰強くないからヒール苦手なんだけど

あと普段スカートは長め丈が多いんだけど

彼は膝が出てると喜ぶので

膝丈スカート張り切って履いてって、


膝丈にはヒールがやっぱり綺麗に見えるので

がんばって履いてったんだけど…



まず、その日彼とは研修で一緒でした

(彼が日程合わせてくれた)


夜は彼と飲みにいきたかったから、

がんばって家のこと調整して

ご飯とかいろんなもの準備して

貴重な夜の時間もらって約束してたんだけど


彼は研修後に仕事をして

2時間以上待たされた。


それはわかるしいいんだけど…



前日も研修で、

私が家事育児のためにダッシュで帰る横で

「同期見つけたから飲み行ってくるわ。

じゃ、ここで。」

と、2人で速攻飲みにいったくせに、

2日目の私との約束の日は

ダラダラ仕事ですか???


と。


前日の前振りが、よくなかったよね。

たまたまね。



まあ怒るのは理不尽とわかってたので、

文句ひとつ言わず

「その辺で待ってるね。気にせずにー」

と待って、もう時間は8時近く。

研修だから定時で終わってたのにな…。


まあ、やっと出発。


貴重な、せっかくあけた夜の時間に

「今日は飲んでカラオケでもいくぞー♪」

とテンションあがってたけど

だいぶ時間が無くなってしまい、、



あなたは毎日飲み歩いてるけど

私は平日夜って貴重なんですよーー、

なんて思いながら、



だけどまあ。。せっかくの日だし、

何も言わず、笑顔で出発。




いつもいくお店は、

職場から歩いて3分か、歩いて20分のとこか

2箇所ある。



彼は普通に20分のほうに歩き始めた。



私はてっきり近いほうだと思ってたんだけど、


前日の飲みと、あともう1日、

近いほうにはその週で2回もいったんだと。


だから遠くのほうなんだね。




歩きにくい靴で来てたから

しかも待ちくたびれてたから

けっこう気分も足もしんどかったんだけど


まあせっかくの機会なので

何も文句言わずに楽しく話しながら歩く。



着く。

店いっぱい。

…20時過ぎだからね。



あくの1時間後?とか。



腹へりへり腹、

足疲れまくり状態。



あーーー予約してればよかった…


でも仕事で時間見えないとか言われてたんだろなーー



後ろからきたカップルは予約でスッと入店。




もう、この時点で結構心折れかけ。


でも何も言ってないのは自分だし

だめだめ、と。



でも、テンションげき低…



ファミレスで生のんで時間をつぶし。

会計時、きっちり自分のぶんだけ出す彼に

「は??」

と思わずテンションだだだだ下がり。



だって生いっぱいよ?

ここまでの経緯考えてみ?



待たせてごめんね、

歩かせてごめんね、

の気持ちで、

1コインいかないくらい

カッコよく、払ってくれませんか??




て、思ったけど

そもそも彼女でも嫁でもないし

そんなこと言うのも虚しいからいいや、と

心のシャッターちょっとガラガラして

半額強、出す。(ちょっと怒りの意思表示)

おつり受け取らない。



でも彼は

「え?いいの?」

と受け取る。



…。だめだ。萎える…。


お小遣い制とはいえ、

なんか気持ち表してくれても…

なんて思ってしまう。



でも、彼のナニでもない立場の女は

何にも言えませーん。




そっからまあ美味しいご飯とお酒で

なんとか少し持ち直したけど、

会計時にはまた

半額強だす。



もう、この人に頼りたくないって

距離をとりたくなってしまってたのかな。。




で、まあせっかく夜フリーなので

念願の、カラオケに!!!と



今朝もイヤホン聴いて練習してきたんだー

なんて言いながら。



店からカラオケ、徒歩15分。


まあ、大丈夫、歩ける。ご飯食べたし。



つく。

待ち時間20分。


彼「別の店見にいこ」



駅のがっつり反対側、

そっから徒歩15分以上で2件目。

(こんなに遠いと思ってなかった。

彼だけ土地勘あるところ)


つく。

20分待ち。


彼「もう一個の店いこ」


次は隣くらいのビル。


30分待ち。



もう、この時点で

慣れない靴に足はすりむけ痛いこと痛いこと。



彼「最初の店にもどって、だめなら諦めよう」



え?もどるの…?

じゃあ待てばよかったじゃないか…



と思いつつ、もう黙って従う。


徒歩15分以上もどる。



最初の店、30分待ちに増えてる。




どっと、疲労感……




そもそも

こんな関係なのに

張り切ってオシャレして

ヒール高いのなんか履いてきた自分に

嫌気がさし。



その張り切りを知ってるのに

足に気遣ってくれない彼に

嫌気がさし。



もういろんないろんなことで

虚しくなり。



私の基本ポリシーは、


不満があるなら

言葉で伝えてお互い歩み寄って

改善していきたい、

黙って察しろは無理、

なんだけど。



だから彼氏や夫には

同じことで黙って拗ねたりしたくないから

ちゃんと伝えるんだけど、


それは関係を改善して

今後もうまくやっていかなきゃ、

っていう目的があるから

あえてケンカもするわけで。



彼とは、ケンカしてまで

嫌な気持ちしながら

改善とかしてもらうような間柄なの??

ってなって。


現実から目をそらし、

ただ楽しい思いをするための時間を

過ごすイメージだよね。


だってお小言なんて家で奥さんに

散々言われてるでしょ?


このポジションの女にまで

怒られたくないよね??



と思ったら

すべてが虚しくなってしまって。





その場で涙が止まらなくなってしまった。





その日はずっと、

心が落ち気味だったから、

彼に申し訳なくて

せめてカラオケいけばテンションあげれて

楽しくバイバーイ!できると思ってたのに。





終電ギリギリまでいつもいるのに

その日は終電よりずっと前に、

もういいよ、バイバイ、と

私から言って、解散。



そのまま数日間、

連絡とってません。



彼は家族でバカンス中。

ちょうどいいや。



もうこのままお互い冷めれたら

後ろめたさで悩むこともなくなるし

家庭がこわれるリスクもなくなるし

いいんじゃないかな、とか思ってる。



どっぷりハマってるときより

心もラク。



ハマってたって、

たまーにしか会えないから

逆につらいんだもん。




書き出すとほんとくだらないきっかけを


でも、きっかけなんて

もうくだらなくてもなんでもいい。



一回、オフにする。



彼から連絡あったりしたら

またほだされてしまうのかもだけど…


今はただ、拗ねてるだけなのかもしれないけど…



しばらくマジメになります。