cross road

過ぎ去った季節に置き忘れた時間をもう一度つかまえたい

誰もが胸の奥に秘めた迷いの中で 手にしたぬくもりをそれぞれに抱きしめて新たなる道を行く

会ってきた

けど、以前と同じような気持ちには戻ってなくて。

かと言って、会う前の冷め冷めの気持ちとも

また少し違う。



今の自分の気持ちの具合を、

どうやったらなんて表現したらいいのかなーって

考えてたら、なんとなくイメージが浮かんだ。



迷子になる前の状態は、

燃え盛るキャンプファイヤーみたいな感じ。笑


もう迷子歴ひと月以上…?

なんだか忘れかけてたけど

思い返してみると

色んなものをゴーッと燃やしてしまうくらい

激しい気持ちだったかも。


好きすぎて、

なぜこの人と一緒の人生を選べなかったのかと

毎日昔の自分を悔いて後悔の渦に飲まれたり、

連絡がなかなか返って来ないもどかしさとか、

彼の気持ちが見えなくて「私だけ?」ともがいたり、

会いたいのに会えない苦しさとか、

実際会うと好きがさらにヒートアップして

翌日からしばらく辛い病み病み週間が続いたりとか。




迷子期間は、イメージでいうと

火の気のない茶色い土って感じだった。

無、なんにもない。

プラスもマイナスもなんにもなかった。




そして今の気持ちは、

マッチの先にぽっと火が灯ってる感じ。

ふってやると消えそうなんだけど、

ゆらゆら儚く揺らめいて、

心を落ち着かせてくれるような。






彼と1ヶ月ぶりにちゃんと会ったら、

また前みたいに

苦しいくらいの好き好きに戻ってしまうのかな?


と思ったけど、実際会ってみての結果は、

なかなか前のような「好き好き好きー!」

ってはならない。


一回冷静にいろいろ考えちゃったからかな。



だけど、小さくてあったかい火は灯った。

心がちょっとほわっとした感じ。





彼はその日、会ってまず、

「目的地まで少し歩くけど、足は大丈夫そう?」

と気遣ってくれた。


進歩だ…



あと、荷物(彼を待つ間に買い物してた袋)

持とうか?って。

前は聞いてくれなかったのに、

気にしてくれてるのかな。




1個目の目的地で小腹を満たしたあと、

居酒屋さんいこってなって

いくつかの候補のどこにしよかって

なったときに、彼がさっと電話して

「どれくらい空いてますか?」

と店に問い合わせてくれた。


前、電話確認せず長距離歩いて向かって

着いたらいっぱいでーすってなったときのこと

意識してくれてるのかな?



電話したら、席がもうすぐ空きそうって聞いて

そこに向かったんだけど、

着いたら状況変わっちゃってて30分程待つと。


うーん、も一個の店の方が早かったかなぁ。。

と私が呟いたら、

「じゃあ俺そっちの店見て来るから、

とわちゃんはここでまってて。」

と、もう一軒のお店までサッと向かってくれた。


なんか…前まで

こういうときボーっとして

全然気がつかなかった彼とは別人みたいで

びっくりした。


前に私がいろいろ文句いってしまったことを

彼はちゃんと治そうと努力してくれてるのを感じて

その気持ちが嬉しかった。



そして、結局そっちの店でも

少し待ったけど、無事お店へ。



何杯か飲んで、途中、私はお水を頼んだ。

なんか最近お酒弱くて。



そしたら


彼「あれ?飲まないの?あんなに強かったのに。

俺飲めるとわちゃんが好きだったのになー」


って言ってきて、


え?そこ心配するとかじゃなく絡んでくる?

って思っちゃって


私「じゃあ嫌いになっていいよー。」


って冷たい言い方してしまった。


彼は「えー」って言いながら

少し気まずそうな顔してた気がする。



でも全体的に、こんな感じで

少しそっけなく接してしまった…

どうしていいのかわからなくて。




話してた内容はずっと他愛ないことばかりで、

お互いの子供の運動会の話とか

仕事の話とか、

普通ーの話をしてたんだけど、


居酒屋後に少しカラオケいって、

最後、フロントに降りる

2人きりのエレベータの中で突然彼が、


「ほんとはずっと会いたかったけど我慢してた。

だから今日は、会えて嬉しい」


と嬉しそうな笑顔で言ってくれた。



私はなんて返していいかわからず

「そうなん?」

と下向いてヘラヘラ。(酔っ払い)


でも、そのあとあとに、

「今日は楽しかったね!」

と付け加えた。


ほんとに楽しかったから。





そして2人でハイロウズの「青春」を

なぜか歌いながら駅まで歩く。笑



完全に酔っ払いだー



最後に寄ったカラオケの影響かな。


カラオケで最後、メイク直そうと

私「お手洗いいってくるね」

と立とうとしたら

肩を持って止められて、

彼「だめ、がまんして」

と引き寄せられ、

少し長めの、深めのキスをした。


彼の唇はなんかふわふわだったな。

いつもそんな感じだけど。


彼「あー帰りたくないなー」

私「ね、でも終電ー」


って会話で、部屋を出た。



私の電車が先に来て、彼をホームにおいて

電車が出発して少ししたとき、

彼からラインがきた。


以下、お互い酔っ払いライン。


彼「今日はありがとう!

ずっと会いたかったけど我慢してた!

また会えるの楽しみにしてる」


私「我慢してたの?」


彼「だって毎日会いたいって言ったら困るでしょ笑」


私「言ってもいいんよー。実現できるかわからんけど笑。嬉しいよ😊」

「きゅーんてするよ」


彼「毎日あいたい。」

「から、毎日予定あけてー!」


私「むちゃぶりきたーーー!」


彼「現実問題。。」


私「家庭放棄になる。笑」


彼「だから無理しない範囲でよろです(^^)」



最後はいつも通りのふざけたやりとりになっちゃったけど、

「毎日あいたい。」

この言葉に、

あ、なんか今すごい嬉しいこと言われたなぁーって。

きゅんとした、かも。



彼は基本ふざけて冗談言ってるので

まじめに気持ちを表す言葉ってほんとあっても全体の数パーセント?とか、

ない日もあるから、


今ここに書いたいくつかも、

それらを全部かき集めてきた感じ。

これでも、いつもよりすごく多かったかも。


彼がだいぶ酔っ払ってきてたのも大きい。


だから、最後の最後だけ。

むしろ解散後が一番甘かったかな。


ダッシュで飲んでたから、

あとで酔いが回ってきてたのかも。


会ってるときに言ってくれたら

もっと嬉しかったのになーなんて。



これでもいつもに比べると

すごく言ってくれたほうだから

嬉しかったけどね。



今は、迷子のブランク?もあって

マッチの火だけど、

次また会ったらアロマキャンドルくらいの灯りになりそうな気がする。




キャンプファイヤーは、

火事でいろんなものが燃えちゃうので

適度なところでいれたらなぁーと思う。




そして次に会えるのは来月かなぁ。


私の方が、

下期からの異動者の歓送迎会とかあって

今月はむりそう。

当然だけどそう頻繁に夜出られないから。




キャンプファイヤー焚いてたときは、

歓送迎会とかも断って

それにいく分として、彼と会ったりしてたけど…


今の自分はやらない。


あの頃は、

何をおいても彼を(自分の気持ちを)

最優先にしてた。

私は加減が効かない性格だから。


職場の付き合いよりも

友人と会うことよりも

なんでもつぶして彼に会おうと必死になってた。会いたすぎて。


私が「いいの、行かなくて!」とか言うと

彼に「そういうイベントも大事にしたほうがいいよ」

とよく諭されてた。



だとしたら、

今みたく少し冷静なくらいのほうが

ちょうどいいのかも。





もう少し会いたい気持ちはあるんだけど…

むずかしいね。



つぎはいつ会えるかなー。



相変わらず、

ラインはお互い全くやりとりしない日々です。笑