cross road

過ぎ去った季節に置き忘れた時間をもう一度つかまえたい

誰もが胸の奥に秘めた迷いの中で 手にしたぬくもりをそれぞれに抱きしめて新たなる道を行く

酔うと

いまだに自分の気持ちに迷子中なんですが


酔うと会いたくなるのはなんなんだろう



こないだ、後輩ちゃんたちとの飲み会があった。

そのまま帰るつもりだったのに

あとでライン見返すと

彼から「まだ残業だー」ときたところから

まあ私からぐいぐいと


「まだやってるの?」

「いつ終わるの?」

「会える?」


「もう終わる」

「けど来ても少ししか会えないよ」


とかそんなテンションの差でやりとり…。


結局飲み会を途中で抜けて

私は彼のいる駅に向かってました。


電車で15分くらい、

近くはない距離(しかも家と逆方向)



ほんとなんでそんなに…

って今になると思うんだけど、


酔うとだめだ。





私は途中酔っ払いすぎて

ラインに反応しなくなったりして、

彼を待たせすぎて…


彼は缶ビール買って

駅の陸橋のとこで立って飲んで

待っててくれた。

(足長くて細くて、ビール飲んでるだけで様になる…😳)



ほんと申し訳ないのに、私が着いたら

「誰かさんのせいで、俺やべーやつだわ」

って笑って、笑顔で迎えてくれた。

(道端で1人で飲んでるから笑)




少し話して、

私「じゃ帰ろうか」

って言ったら

彼「まだ缶があいてないから行けない〜」




そうこうしてるうち、

酔っ払いの私はいつものごとく

ねむーくなってきて



私「ねむいー」


と言ったら、


彼「じゃあいこか」


といって、手を引かれて

ぼんやりついていったら

いつものお部屋に。



でも、いつもといえど

8月中旬からそういうことなくて

もう1ヶ月以上ぶり。



まずはソファに座って

なんか喋りまくり。


でも記憶は曖昧で

なんの話してたか

まったくわかりません!



1つだけ覚えてるのは、


彼がなんだかしみじみと


「あーこうやって話してるだけでほんとに楽しいんよなー」


って言ってた、ような気がする…


ぼんやりした意識の中で

あ、なんか今のうれしいなー

と思ったのは覚えてる。


ま、場所は場所だけどね( ´ ▽ ` )




ねむーくなってきた私が

彼の膝にダイブしようとしたら、

「あ!ちょっと待ってファンデーションがつく」

と肩をぐいっと後ろに押し返されたのは

こっちもだいぶ冷静になったけど…。


まあしょうがないんだけど、

突然奥さまの存在突きつけてくるなーー

っていう。




そのあと、彼が部屋に入るときに

予約?してくれてた

おっきいお風呂が沸いたよ、と

フロントから連絡があったので、

一緒にお風呂へ。


たぶんちょっといちゃいちゃして、

(記憶あいまい)

部屋に戻ってそういう感じに。



でも、せっかくの時間だったのに

あんま覚えてなくて

なんだかもったいないような…。



少し寝て、私が先に目覚めてからは

酔いも覚めとても冷静。



乗換案内調べて、

何時の電車に乗ろう、ときめて

寝てる彼をおいてシャワー浴びて着替えて

彼を起こして

まだ寝ぼけてる彼を連れて

スタスタ帰る感じになっちゃいました。



前は、終わったあとは

私は甘えたいモードなのに対して

彼は賢者モード全開で

さっぱりテンション下がって

冷静に冷たくなる感じに

(初期の頃なんか冷静になりすぎて

毎回事後に「家族に罪悪感が〜」とか言ってて

私に向かって今その言葉言ってくるのは

本気であり得ないと思って半年後キレた)

やだなーって思ってたけど、

なんだか今回は自分が賢者になってしまった。




離れて酔いも覚めてみると

「やっぱ好きかどうかいまいちわからない…」

てなったけど、

酔ってるときが本心なのかもしれないし、

8末の例の件から

ずっと会うのを避け続けてて

ゆっくり話す機会をもってなかったから、


私も私自身の気持ちを確かめたいと思って

来週、会う約束した。




今度はちゃんと、逃げずに、

じっくり彼と会話してみたい。


何か自分に変化はあるのかな。