cross road

過ぎ去った季節に置き忘れた時間をもう一度つかまえたい

誰もが胸の奥に秘めた迷いの中で 手にしたぬくもりをそれぞれに抱きしめて新たなる道を行く

夢のような1日

会えない期間、実家に帰省して

家族と子どもたちと楽しく過ごして

彼のことをいい感じに忘れられていた。


帰省中、この関係について

色々考えることがあって、

あんまり彼にとらわれない方が楽かも、

家族とワイワイしてるほうが

精神的に楽かも、と思ったり。





でも帰省から戻った数日後、

彼と数ヶ月前からの約束で

ある趣味のイベントで朝から晩まで

一緒に過ごすことになってた。




まず朝、彼との待ち合わせの駅に向かってたら

途中隣の席に誰か座ってきて、

自分と同じような趣味の格好してる人で


「わーこの人絶対目的地被ってるわー」

と思いながら数駅過ぎて…


目線はスマホに落としたまま、

隣の人の足が視界に入った。


「うわー太ももほっそいなー。

男性なのに私より細いんじゃないか。

彼の足と同じくらいかな。

どんな人だろ?」


と顔をこっそり盗み見たら、、




ご本人だった。笑



何駅かお互い気づかず乗ってて

「え!」

って、声かけたら

向こうも

「え!」



私はかなり髪を切ってて

下向いてたので

気づかなかったみたい。


彼も、

「この子ぜったい

同じ趣味のとこ行く格好だわー」

って思ってたみたい笑



なにこの偶然。

その間ラインのやりとりしてたのに

隣にいたって笑







そんな朝からスタートしたから1日


もう彼優しすぎだし、

(足疲れたら合間合間に何度も足をマッサージしてくれた。自分も同じ疲れてるのに…)


頼りになるし、

(地図みて移動中ずっと目的地までリードしてくれて、危なくない場所とかサッと見つけて連れてってくれた)


守ってくれるし、

(危険人物?から壁になって守ってくれた)



あーもう。

なんでこんなに優しくて男らしいんですか。





マッサージ申し訳なくて、

ごめんね大丈夫だよって言ったら


急に頭をぐいっと顔横に引き寄せられて

「可愛くなかったらやんないからね」

って耳元で小声で言われた。


周りがうるさかったから

顔近付けて言ったんだろうけど、

一瞬チューされるのかと

ドキドキしてしまった。。

(あ、可愛くはないですよ彼は目がおかしいだけで。)




一緒に趣味のことしたのは初めてだったけど

男らしいとこ優しいとこいっぱい見つけて

趣味の好みもいろいろ被ってて

予想以上に楽しかった。




移動中、彼の横歩いてたら、

彼の手に触りたい感情が収まらなくて

自分でもびっくりした。


あー、すぐ横で揺れてるこの手を握りたい、

彼の腕に掴まりたいー…


て、思いながら彼の手をじっと見てて。



いやダメダメ、と

気を紛らわすために

彼のお尻を強めに叩きました!笑


私「!おしりが硬くて手がいたい!」


彼「それたぶん骨〜」


私「全然お肉なーい。。」


彼「うん、全然肉系ないね。あっちの店見てみる?」


私「え?ご飯の話してる?」


彼「うん」


私「いや、おしりの話しててんけど笑」


彼「噛み合ってない〜( ̄▽ ̄)」



書き出すとほんとくだらない会話。笑

始終こんな話してました。


心はシリアスだったはずなのに

くだらない話しかできないー。笑





でも、何度か人混みではぐれそうなとき

彼がさっと手を握ってくれた。



あーだめだー。


すごい嬉しかった。



手を繋いで歩くのって

こんなに幸せなのか。



だめだー。

危機管理もなってない。



彼も、毎回

「そろそろ…」

といって人混みがはけてくるとパッと手を離す。




あー。

んー。


そうだよねー。





でも彼が

色々自制しようとしてる気持ちも感じるし

私も、良くないことだなって

思う自分もいる。


だから実家で忘れられてるときはよかった。



強くなれないし、

純粋にもなれないし、

割り切れないし、

ヘタレにはなかなか難しい。


同じレールをぐーるぐーる。




確実なのは

彼を知れば知るほど好きになるし

合うとこばっか見つかるし

だけどそれをどうにもできないということ。





帰り道、


私「今日1日が楽しすぎて(もっと好きになるとつらいから)やだ」


って、自己中発言したら


彼「忘れようとせんと鍵かけて心の中に大事にしまってればいいやん」


って前向きに言ってくれたのに


私「私の頭はポンコツなので鍵とかそんなハイスペック機能備えてません!むり!」


って、ひねくれて可愛くない私。。





でもブーブー言ってないで感謝しないとな。


ほんとに夢のように楽しい1日をありがとう。

次のこんな日は一年後かな〜。



なんかこーやって健全に過ごすだけで

じゅーぶん満足、むしろ

こーいう時間だけだといいなぁと思ってしまったり。


一緒にご飯食べたり、

一緒にでかけたり、

一緒に遊んだり。




軽口叩いて話してるだけで楽しいんよなー。



彼はいらんことしいで

すぐイラっとすること言ってくるけど。笑



彼「いま私可愛いですとか思ってるんやろ」とか


私の腹をつまみながら

彼「ここに栄光(という名の贅肉…)がついてるよ」とか。


…肉いじりはほんとにいらない(´-`)




彼曰く、怒る反応がおもしろいから、とか

好きな子をいじめたくなる小学生的なやつらしい。



いや…もーちょい甘い雰囲気出してくれてもいいんですけど?




行動は男らしくて優しいのに

口から出てくる言葉だけはいらんことばっかり!




まあ、そういうやりとりも、楽しいんだけどねー。。


そういうちょっかい出し合う友人夫婦に、実は憧れてたりもする。